タロット占いでの正位置の読み方

タロット占いで、カードの上下が正しく表示されている状態を正位置と呼びます。
正位置と逆位置が入れ替わらないよう、カードをめくる際には上下を逆にしないように気をつけます。

正位置のカード解釈は、逆位置に比べて素直に行うことができます。
正位置は、カードから受ける印象そのままの内容としてとらえてください。
あえて正位置の意味を強くとる際は、順調、意味の強化、周囲の協力といった内容になります。
特に困難に立ち向かう時期や方法を占っている場合に正位置は意味を持ちます。

よくシャッフルしたのにスプレッド内全てのカードが正位置を向くのは吉兆と判断されます。
占うテーマが全体的に順調だからこそ、正位置が増えていくと考えられるのです。

ただし、タロット占いは常に二面性を考える必要があります。
正位置とはいえ、そのままよい意味に取るだけとは限らないのです。

正位置がずらりと並んだ後、未来を意味する部分だけ逆位置だったらどうリーディングしますか。
今後の状況悪化や遅滞と考えた上で、現状を読み直す必要があるかもしれません。
未来を踏まえた上で立ち向かう希望を正位置のカードに見いだす占い師もいます。
一枚の正位置や逆位置だけでなく、全体から得られる印象を踏まえて読み解いてください。

タロット占いでの正位置は、必ずしも意味を強めるわけではありません。
占い師がそこに偶然以上の何かを感じたときには、正位置は何かを伝えようとしているのです。"

  • 最終更新:2014-11-10 18:26:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード