タロット占いで相手を占う際の注意

タロット占いは自分のことだけを占うのではありません。
カードに慣れてきて、自分に関することなら的中率が上がってくれば他人を占いたくなってきます。
また、知り合いに占ってくれるよう頼まれるようにもなります。
占い師として本格的に行う目的で勉強中の人もいます。

まず、他人を占うのは軽い気持ちで行うものではないと理解してください。
たとえ外れても気にならない程度の相談内容ならかまいません。
しかし、本人にとっては深刻な問題である場合もあるのです。

タロット占いの出した結果は、相手の人生を変えてしまうかもしれません。
その覚悟をした上で占うようにしてください。
あくまで自分の趣味として占いを行い、他人に対しては行わない人もいます。
プロの占い師を目指さないのであれば、割りきるのもひとつの道なのです。

実際に他人を占う段階になったら、自分を占う時との違いを理解しておいてください。
なにより、目の前にいる相手を占うときはスプレッドの向きが変わります。
自分や目の前にいない人のことをを占う際には、自分の側に向ければいいのです。

対面にいる人を占うのであれば、占ってもらう人に対してカードを並べます。
タロット占いはカードそのものだけでなくスプレッドもよく考えられた神秘的なものです。
未来への扉を開ける役割を担うタロット占い師がスプレッドの時点で間違えると雰囲気が台無しです。
自分を占うのに慣れてしまった人は、自分に対して並べてしまいがちですので気をつけてください。"

  • 最終更新:2015-03-13 20:06:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード