タロット占いで自分を占う

タロット占いを始めたきっかけとして、自分のことを占ってみたいという理由の人は多いようです。
人知れず悩んでいるとき、人生の分かれ道に立っているとき、家族や友人に話せるとは限りません。
深刻な事情でなく、神秘的でかっこいいからという理由の人もいます。
理由は何であれ、タロット占いに惹かれた以上はタロットと自分を結びつける何かがあるのです。

自分のことは占ってはいけないという人がいます。
自分のことを占っても当たらないという場合もあります。
これは、占いの際にいい結果を見たいという欲が出てしまい、自分に都合のいいリーディングをしてしまうからです。

タロット占いでは、自覚している以上に自分のことがカードに表れてしまいます。
いいことばかりではなく、不安や悲観的な気持ち、嫉妬などもカードを通して見えてくるのです。
誰もがすぐにそのようなマイナスの思いを自分のものと認められるわけではありません。
しかし、真実を見つめて受入れることで占いの的中率は上がっていくのです。

そもそも、初心者の内は気軽に他人を占う方がよほど問題です。
素人だとわかってはいても、よくない結果が出ると気になってしまいます。
それが実はリーディングミスだった場合に責任がもてるわけではありません。

タロット占いの腕を磨いていく最中は、むしろ積極的に自分のことを占うべきとも言えます。
自分に関する内容であれば、読み取った内容についての反省も後でじっくり行えるからです。"

  • 最終更新:2015-06-26 19:27:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード