タロット占いに絶対の正解はない

タロット占いは、様々な占い方が存在します。
書店や図書館に並んでいる解説書を見るだけでも、目移りするほどの種類があります。

シャッフルひとつをとっても、かき混ぜた後トランプと同様のシャッフルをする、かき混ぜるだけとあります。
カットの山の数を決める、その時次第で変える、そもそもカットをしない占い師もいるのです。

カードのめくり方は、上から順にめくるだけではないのです。
例えば七枚毎にめくるやり方を見たことがありませんか。

スプレッドを広げた後、全部のカードをめくってからリーディングを始める方法があります。
一枚ずつリーディングをしては、次のカードをめくり繋げていくやり方がしっくりすると主張する人がいます。
カードの解釈も、人それぞれです。

タロット占いは、慣れてくると自分に合う方法を選択するようになります。
その結果、細かい部分が人それぞれで違った占い方になっていきます。

一方で、例えば普段のシャッフルで落ち着かないと感じたら、違う方法を選択することもあります。
占う内容やその日の状態を敏感に感じ取り、合うと判断したものを採用するのです。

タロット占いを続けていくのであれば、自分と使っているカードに合うと思うやり方を探してください。
この方法が正しく他は間違いだという問題ではありません。
タロットに限らず、占い師にはそれぞれに合った方法を持っているものです。
自分が最も集中できる方法を探すのは、タロット占いの楽しみのひとつなのです。"

  • 最終更新:2016-06-26 21:12:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード