タロット占いのスプレッド

実際にタロット占いをしてもらうと、占い師がカードを綺麗な形に並べていきます。
この配置方法をスプレッドと呼ぶのです。
適当に並べているのではなく、占いたい項目を分かりやすくするための配置となっています。

スプレッドには非常に多くの種類があります。
しかも、同じ名前のスプレッドでも配置に占い師による違いや、同じ配置でも解釈を変えることがあるのです
日本で読むことの可能なタロット占い解説書でよく紹介されているケルト十字法でも、十種類近くのバリエーションがあります。

有名なところでは、例に挙げたケルト十字法以外にもヘキサグラム法、スリーカードといったものがあります
どのスプレッドを使うのかは、占いのテーマによって異なります。
例えば二つの事柄のどちらを選べばより状況がよくなるのか知りたい場合は、二者択一法が考えられます

目の前の問題について、時間的な推移を読み取りたいのであればスリーカードを使います。
もっと詳細に知るためにスリーカードのバリエーションを作る人もいます。
スリーカードに拘らず、占う内容から別のスプレッドを選ぶ場合もあるのです。

タロット占いに慣れていくにつれて、自分自身に合うスプレッドをいくつか持つようになります。
占い師は、独自のスプレッドや、有名なスプレッドのバリエーションを自分のものにしていくのです

標準的なスプレッドをいくつか知るだけでもタロット占いは十分に可能です。
ですが、占うテーマによって適切なスプレッドを使い分けることで、より緻密な解釈ができるようになるのです

  • 最終更新:2013-10-26 14:51:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード