タロット占いのスプレッドリーディング

タロット占いの際に最も興味深く、最も難しいのがリーディングです。
初心者は、並べられたカードをどのように読んでいけばいいのか迷いがちです。

まず、同じカードでも人によって解釈は異なると理解してください。
複数の解説書を読めば、解釈の違いがあることを実感できるようになります。
カードはそれぞれの解釈に合わせたカードを示します。
だからこそ、自分なりのイメージを全てのカードに対して掴む必要があるのです。

タロット占いでは、複数のカードを使うスプレッドが大半です。
一枚ずつのカードで占うのではなく、全体の関連づけが必要となります。

スプレッドの中でどのカードが最も印象深いのか考えてみてください。
第一印象でも、リーディングしようとする内に気になってきたカードでもかまいません。
そのカードが全体を結びつけるキーカードと判断してください。

特に大アルカナは意味が強く、キーカードになりやすいものです。
78枚全てを使う場合、大アルカナが出た部分は注目してみるよう心がけてください。
その前後に、うまく補佐できるような小アルカナはありませんか。

スプレッドにおいて、近くにあるカードは互いに影響を及ぼします。
一枚ではうまく解釈できないカードが、近くのカードを見れば突然イメージが明白になる場合もあるのです。
小アルカナは具体的なキーワードが多いために、大アルカナの手助けをしやすいのです。

タロット占いを一枚ずつの解釈で終わらせるのは非常に残念なことです。
常にスプレッド全体を結びつけてリーディングしてください。"

  • 最終更新:2014-06-10 20:58:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード