ダウト

ダウト ルール 遊び方


プレイ人数
6~7

使用カード
52枚(ジョーカーを除く)

説明
1(A)~13(k)までのカードを裏向きにしてプレイヤーが一枚ずづカードの順番道理に出していく(基本的に嘘(ダウト)でもいいので順番道理
ただし他プレイヤーがダウトと宣言し順番道理のカードでは無いときは、場にあるカードをすべて回収しないといけない。
ただし正確なカードをだしていれば、ダウトと宣言下人が場のカードを全て引き取らないといけない。

ルール

プレイヤーの手元にあるカードを全て場に置ければ勝者となります。勝者がでたらこのゲームは側終了。
あとは他プレイヤーの現在の手元にもっているカードが少なければ、少ないほど順位が高くなります。

同時に出すことも可能です。
仮に5が3枚あるときは3枚同時にだすことが可能
ダウトのゲームですのでたとえなくとも最大で4枚までなら可能です。
一枚もなくても4枚出すことも可能ですが、他の人が持っている可能性がかなり高くなるため
結構な確立でダウトといわれますが^^;

遊び方

①まずはカードを参加人数者に均等になるように分けます。

②じゃんけんなどで親(始めにする人)を決めます。親から順番に時計回りで進めていきます。

③始めは1(A)のカードから1,2,3,4,5、、、、9,10、J、Q、kとだしてきます。Kまでいくとまた1,2,3と1からに戻ります。(ダウト宣言があっても次の数字となります)

④自分の番がきたらカードを裏向きにだすので基本的には自分しかカードの数字を知らない為
適切な数字を持っていない場合は、代用で別のカードをだす(パスは不可能)

⑤ダウトとは、プレイヤーがだしたカードが正確な数字か怪しい時に、
他プレイヤーが宣言する言葉です。仮に3,4,5で次6が適正の数字だとします。
プレイヤーが裏側でカードを出すので他プレイヤーには本当に6だかどうだかは
分かりません。ダウトと宣言し
このカードが違うカードだった場合、プレイヤーが場にあるカードを手元に回収しなければならない。
反対に適正のカードだった場合、ダウトと宣言した人に場のカードを手元に回収する形になる
当然カードを全て場に置いた人の勝ちになるので、手元に回収=不利になります。

ポイント
基本的にはほぼ運+他プレイヤーにダウト宣言をされるかなので
集中攻撃された場合かなりざんねんなことに、、w
友達関係を大事に遊びましょう。

ダウトできないなんで?

ここでは上の記載を詳しく説明します
仮に4人で遊んだとします。一人目がA(1) 二人目が2 三人目が3誰かがダウトといったとします。
次に出すカードは四人目が4となる(カードの始めのAからではありません)
このようにたとえダウトがあったとしても数字は進んでいきます。

  • 最終更新:2013-03-19 17:34:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード