ダウト2

ダウト2 ルール説明

参加人数
3~7人程度

使用カード
52枚(ジョーカーを除く)

説明
ダウトだと3人で遊ぶには向きませんが
ダイト2ですと3人からでも遊べます

ルール

ほぼダウトと同じルールですが意外とシンプルな
だれでもできるゲームです

遊び方

①じゃんけんなどで親を決め
左隣の人から順にカードを一枚ずつ均等になる様に配っていきます
(半端がでたら中央に裏向きにしてカードを置きます)

②親から時計回りにカードの数字を宣告してカードを出していきます
最大で出せるカードは4枚になります
(4枚の場合は7と宣言してカード4枚裏側にだす
ですがほかの参加者が7を一枚でも持っていたらすぐダウトだとばれます)
例;8のカードを3枚出しますといって場に裏側に3枚置く
(この時本当に8のカードを3枚置く必要はない。)

③例;Aさんが3枚だしてCさんがダウトと宣言したとします。
その場合Cさんが3枚のカードを確認してもし正しいのがだされていたら、
Aさんの手持ちの3枚のカードをCさんに押し付けることができます。
反対にもし間違っていたら
Cさんの手持ちの3枚のカードをAさんに押し付けることができます。

④こうして一番最初に手持ちのカードを無くした人の勝ちとなります。




  • 最終更新:2012-12-27 11:50:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード