ニュー・マーケット

ニュー・マーケット 遊び方 ルール

参加人数
3人~8人

使用トランプ
56枚
(52枚ジョーカーを除くともう一組のトランプのAとKとQとJの4枚)

説明
この遊びは海外でチップなどを用いて
行う遊びでアメリカなのでは別名
シカゴやミシガンなどとよばれています
今回の名前のニュー・マーケットは
イギリスなどで呼ばれている呼び名です

ルール

必要なもの
手作りコイン

・プードル
別のトランプから持ってきた4枚のトランプは、通称プードルと呼ばれています

・エキストラ・ハンド
親の元に集めた予備トランプのことをいいます
親が一度だけ交換できますが
結果が悪くても戻すことはできません
その後参加者が交換できる権利のある
予備トランプです

・出せるトランプ
プードルのマークの一番低い数字から出すことになります
例;Kの場合2が一番低いので
  あるなら2のトランプから出しますなければ3,4,5、からとなります

・シークエンス
同じマークを3>4>5>6>7・・・・・と続くことを言います

・レイアウト
     プードル

台札1   
台札2   
台札3   
台札4   

別口でのトランプをこのように並べて
4か所の台札を作ります

遊び方

①親を決めます(決め方は自由)

②レイアウトの用に並べ、手作りコインを親は2枚他1枚場にだします

③人数が4人なら5組を平均に配ります(誤差がでてもおkです)

④プードル(ルール参照)が手持ちにある場合手作りコインを貰えます

⑤余った一組はエキストラ・ハンドといい(ルール参照です)

⑥エキスタラ・ハンドの中から、親がトランプを裏向きで交換可能

⑦交換後は返品は不可能です

⑧その後、親以外も1人だけ使えますが用意した手作りコインの枚数で決めます

⑨誰も手作りコインを出さないようでしたらエキストラ・ハンドはパスとなります

⑩エキストラ・ハンドは親以外も使い方は同じとなります

⑪親の左隣から時計回りに進めていきます始めの人は台札を1~4の中から選ぶ

⑫出せるトランプは(ルール出せるトランプ参照)

⑬選ばれた台札しか出すことができません

⑭シークエンス(ルール参照)を出せるなら一人の人が出し続けることが可能です

⑮出し終えたら次の人となり、持ってない場合はパスも可能です

⑯こうして一つの台札を終えたら最後にKを出した人が次の台札を選べます

⑰みんながパスした場合は最後に出した人が台札を選ぶ権利があります

⑱これを繰り返し始めにトランプがなくなったら勝ちとなり手作りコインを貰えます

⑲台札4箇所がなくなっても誰も手持ちがなくならなかったら引き分けとなります。

  • 最終更新:2013-04-13 22:00:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード