大富豪 大貧民

大富豪 大富豪 大貧民 ド貧民 ルール説明 遊び方

(地域により呼び名が違う)
プレイ人数4~6人程度 (3人・7人でも可能)

使用カード
53枚(ジョーカーを含む)

説明
カードに強さがあり弱いカードと強いカードをうまく使い分け全てのカードを出し切った人が勝ちとなるが、途中で革命をされるとカードの強さが逆転するため弱いカードを使い切ってしまっていると勝てなくなってしまう。

ルール

・トランプの強さ
 弱い順→3>4>5>6>7>8>9>10>J>Q>K>A>2(一番強い)
・革命時の強さ
 弱い順→2>A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3(一番強い)

・特殊 ジョーカー
 ジョーカー=1枚では2より強いカードとして扱う。
 ペアで出す場合はそのもうひとつのカードと同じ扱いとなる

・特殊 革命
 革命とは同じ数字のトランプを4枚同時にだすことによって起こること
 具体的にはトランプの強さがひっくり返ることになります
 これは試合が終わるか、更に誰かが革命を起こすまで続きます

・特殊 数字の8とJ

 トランプの8は
 自分の番でトランプの強さを基準で出した場合
 そこで強制的に他の参加者をパスにして一度区切り自分の番になります

 トランプのJは
 自分の番でトランプの強さを基準で出した場合
 一時的革命が起こり、革命時の強さが基準となり
 一度区切りが行われるまで効果が持続します

 他にもローカルルールが存在しますので一番下のローカルルール参照

・同時出しとは
 同じ数字であれば、同時に2枚又3枚又4枚同時に出すことが可能
 その場合は次の人も同じ枚数のトランプで数字の高いトランプを出さなければならない

・ゲームが終了して2回目を行う場合
参加者の位
人数にも寄りますが平民の数が増えたり減ったりします
1位  大富豪
2位  富豪
3位  平民
4位  貧民
5位  大貧民

大貧民の人が手持ちの1番強いトランプを2枚大富豪の人に渡し
大富豪の人は大貧民の人に一番弱いトランプを2枚渡す

貧民の人が手持ちの1番強いトランプを1枚富豪の人に渡し
富豪の人は貧民の人に一番弱いトランプを1枚渡す

 


遊び方

①53枚の全てのカードを参加者に平等になるように時計回りに1枚ずつ全て配る

②配られたカードを自分だけが見て弱い順や同じ数字のペアなどをまとめておく

③始めにトランプを出す権利がある人は3を持ってる人で必ず3からだす(同時だし可能)

④時計回りにトランプの強さを基準に場に重ねていきます

⑤出していくトランプには特殊な物があるのでルール参照

⑥この様にゲームを進めていき一番初めに手持ちが無くなった人の勝ちです

⑦一位を決めるだけではなく最後の順番まで出すのが基本です



ローカルルール

・一人上がったあとにそのまま続けるか、一度そこで流すか

・ジョーカーであがるのを禁止とするか

・大貧民一番にあがった場合にゲームを終了し次回は階級を全て逆転させて開始とするか

カードを配り終わった時点で大貧民のカードが全て10以下の数字だった場合に大富豪とカードを全て交換するかどうか
4枚カードを出した人がカードの強さを逆転させるかどうか選ぶことを選択することができるルールもある

  • 最終更新:2013-04-19 23:43:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード