最後の一人

最後の一人

参加人数
4~6人ぐらい

使用カード
52枚(ジョーカーを除く)

説明
このゲームは少し変わっていてカードを最後まで持っている人が勝つゲームです

ルール

参加人数によって配るカードの枚数が変わります。
4人での場合一人当たり6枚になるように(24枚)
5人での場合一人当たり5枚になるように(25枚)
6人での場合一人当たり4枚になるように(24枚)
になるように人数分カードを配ります。
カードの強さ
A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2

マークの強さ
クラブ>ダイヤ>ハート>スペード

切り札
残りのカード=山札とします
山札を切ってから一番上のカードを表向きにおきます。このカードが切り札となります
切り札と同じ数字は文字道理切り札となり一番強いカードとなります。
(マークで更に強さが違います)
仮に切り札が5だとしてAさんがダイヤの5、Bさんがスペードの5だった場合
Bさんの勝ちとなります。

(ただし引いたカードがスペードの場合次のカードをとりそのカードが切り札となります
始めに引いたカードは元に戻しきり直して置きます。

遊び方

①じゃんけんなどで順番を決めて上のルール参照でカードを配ります。

②始めの一周のみ切り札とスペードは出すことはできません

③ゲームの進め方は切り札と同じマークの強い数字をみんなで一斉にだして、
一番強い人が山札から一枚貰います。(マークが揃わない場合はどんなに強くても負けとなります。
残りは場に捨てます。その影響で勝った人以外は手持ちがどんどん減っていきます。

④最後までカード持っていた人が勝ちとなります。

  • 最終更新:2012-11-14 13:32:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード