点取りゲーム

トランプ点取りゲーム ルール説明 遊び方

参加人数
4人~7人程度

使用カード
52枚(ジョーカーを除く)

説明
ツー・テン・ジャックが難しい
戦争じゃ簡単すぎる
というかたにおすすめ

ルール

カードの強さ
切り札の
A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2
台札の
A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2

台札の一番強いAよりも切り札の一番弱い2の方が強い
終了時の得点
10       =10点
A・K・Q・J  = 5点

遊び方

①じゃんけんなどで親を決めます

②親の左隣の人から一枚づつ配り一人4枚になるように配ります

③残りのカードを山札として場の中央に裏側でおきます

④親は切り札を決める権利を持っており親が場に出したのが切り札となる

⑤次の人たちはマークをそろえて出さないといけない。仮にマークが合わなかったらどんなに強いカードでも負けとなる

⑥みんながカードを出し終わったらその中の一番強い人が場のカードをすべて自分の勝ち札とできる

⑦前回の勝利者が始めに置く権利があります切り札は決まっていますので、2回目から置くのは台札となりますこの台札のマークをみんなでだしていきます。もしマークがなければ別のカードを出してもいいですが負けとなります。
例外:始めに決めた切り札はいつでも出すことが可能なので台札のマークを持っていても持っていなくても自分の任意で切り札を出すことが可能です。点数になると思ったら切り札で勝負しましょう

手持ちのカードがなくなったら山札からカードを1枚補充しましょう
(話し合いで4枚補充しています私たちの場合)

山札が全てなくなり、手持ちも全てなくなったら
勝ち札の点数を合計して一番点数の高い人の勝ちとなります。

  • 最終更新:2012-11-14 13:38:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード