神経衰弱

トランプ神経衰弱 ルール説明 遊び方

プレイ人数
2~8人程度

使用カード
52枚(ジョーカーを除く)

説明
基本自分の記憶力が勝負を左右するゲームです。

ルール

裏向きになって散りばめられた52枚のカードの中からカードをプレイヤーが2枚めくり、
その2枚が同じ数字だったら自分の物にすることができます。
場にカードがなくなった時点で、一番たくさんカードを取得していた人が勝ちです。


遊び方

①52枚のカードを、重ならないように裏向きに綺麗に並べます。

②じゃんけんで、順番を決め、勝った人が基準に時計回りに進めていきます。

③順番にカードを2枚めくり、2枚とも違う数字なら周りの人に見せて、番号を記憶し再度2枚とも裏向きに戻し次の人に順番を移す。

④順番にカードを2枚めくる。その2枚が同じ数字のカードならば、その2枚を獲得する。

⑤めくった2枚が同じ数字だった場合は、その人はさらに2枚のカードをめくることができる。

⑥2枚のカードが同じ数字のカードである限り、 その人の順番が続く。

⑦場にあるカードが全て無くなったら、ゲーム終了。一番多くのカードを獲得した人の勝ちとなる。

ポイント
自分が記憶している番号は、2枚めくる時の1回目では引かず知らないカードから引いた方が
揃う確立が高い。

3~6歳ぐらいとの遊び方


私の場合親+子どもの2人でした

3歳ぐらいの時は、すべてのカードはまず無理でしたので、
かわいいキャラが書いてある、トランプを使用し
1~3のカードとジョーカの全8枚で遊んでました。

6歳ぐらいですとそれなりにできるようになりましたので、
ただしJ Q Kのカードは使用せず、遊びました。

基本ルールは上と一緒です。



  • 最終更新:2013-03-22 23:57:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード