51

51 ルール説明 遊び方

プレイ人数
2~6人

使用カード
53枚(ジョーカーを含む)

説明
5枚の手札をすべて同じマークでそろえて、できるだけ51点になるようにするゲームです。同じマークになっていないとたとえ、51点になったとしても、0点となりますので最低条件が同じマークです。 一番51点に近い人が勝ちとなります。

ルール


遊び方


カードの点数を紹介
Aが11点。
2~10が数字=点数になります。
J(11)Q(12)K(13)が10点。
ジョーカーは10点または11点のカードとして使用可能。

①まずは順番決めになりますじゃんけんで勝った方から時計回り。

②参加プレイヤーに5枚ずつカードを配り、場に5枚のカードをみんなに見えるようにする。
 残りのカードは中央に積んでおく

③参加プレイヤーは、自分の順番が回ってきたら手持ちの中から不要だと思うカードを1枚
 捨てて、場に置かれたカードと交換する。交換したら中央のカードを場に置く

④2巡目以降は、場に交換したいカードがない場合はカードを交換することを、
 パスをすることができる。 もしくは、まったく場にあるカードが揃っていないと思ったら
 「流す」と宣言してから場にある5枚のカードと全て交換することが可能。
 ただし必ず場にあるカードと自分のカードを交換する必要がある。
 (中央のカードがなくなった場合は、流したカードを切り直して中央にカードを置く。)

⑤カード交換の際に、自分のカード5枚すべてを場札の5枚と交換することも可能。

⑥手札が同一マーク5枚になって51点に達したら、「ストップ」を宣言してみんなに見せることで勝利となる。このゲームはこの時点で終了。

⑦51点に達していなくても、点数が十分高いと思ったら「コール」を宣言してゲームを終了することが可能。ただし、「コール」を宣言した人 よりも高い点数の人もしくは同点の人がいた場合は、「コール」を宣言した人の得点は0点となりビリとなる。

⑧各プレイヤーのカードを見せあって得点を計算すし、得点の高い順に順位が決まる。


⑨誰かがコールをかけた時、手札が全て同一マークなら、5枚のカードの点数の合計が得点となります。ただし、全て同一マークでない場合は、0点となる。
同一マークのA(1)K(13)Q(12)J(11)10を集めた時の51点が最高得点です。
「ストップ」を宣言した人がいる場合はその人が勝利。ゲームが終了した時点での得点が高い順に1位、2位・・・となる。 同一点数の人が2人いた場合は、ジョーカーを含まない手札の人が上位となる。

特殊カード

ジョーカー
ジョーカーはどのマークとしても使うことができ点数を自分で10点か11点に決めることができる

ポイント
パスをし続けてるひとがいないときは、点数になった時点で迷わずコールがおすすめ
同じマークが5枚揃っているときは、場に同じマークがでるまでパスがおすすめ

3歳~6歳の場合

ルール自体は意外と大変そうに思えますが、基本的にこのゲームはマークをそろえないと勝負にすらならないため3歳ぐらいでもマークさえ理解できれば親などのサポートがあれば楽しく遊べると思います。
子供にも意外と好評でした

  • 最終更新:2012-12-27 11:40:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード